うつ病

休みたいは心のサイン!うつ病になる前にしっかり休むこと!

投稿日:

おはようございます

休みたい時は必ず休む

くまぼうです

毎日、毎日
仕事で
消耗し疲れっきっているときってありますよね

「1か月くらいまとまった休みが欲しい」

こう思ったことはないですか

休みたい」と思っているなら
何も考えず休みましょう

休まないとうつ病になる

ぼくは、
仕事はいつでも休みたい時に
突発的に休むことが重要だと思っています

体がもう限界と叫んでいるのに
無理をして働く必要はないです

そして何より

心の状態が正常なうちに休まないと
心が崩壊してしまいます

実際

ぼくが
自衛隊にいた頃
毎日疲れ切った体で仕事をしていました

体が常に重く

周りの様子を見ることすら
できないくらいです

動きも鈍く

ダラダラとした行動しか
取ることができませんでした

疲れ切った状態で仕事をし続けた結果
体が悲鳴をあげたんです

自分自身で
体がコントロールできなくなりました

「朝起きるのが辛い」

「仕事に行くのが嫌だ」

「仕事している意味ってなんだ」

こんなネガティブなことばかり考えていました

すると

次第に
心も一切コントロールできなくなったのです

体と心のバランスが崩壊し

そして

「うつ病」になりました

当たり前なことです

心は
体を休めなさい
と言っているのに

「仕事は休めない」

「休んだら怒られる」

と、
勝手に決めつけて
心を無視しているんですもの

心も

「もう知らん、好きにしろ」

って、なりますよね

そもそも休んだらいけないなんて法律で決まってないよね?

ぼくが
うつ病になったのは

休みたいと思った時に
休まなかったことが
いけないことだったと思ってます

 

実際

仕事に追い込まれた人たちが
うつ病になっています

最悪の場合

自らの手で
命を絶っている人もいるくらいです

ぼくは
なぜ休まないんですかと
聞きたいです

きっと

仕事に対する

責任感

職場のプレッシャー

ほかにもいろいろあるのかもしれません

でも

後々考えると
休まないことが
1番迷惑になると
ぼくは実感しています

実際に

うつ病になって思ったのは
うつの状態から這い上がるのに
長い期間休業が必要になります

そして

休暇の手続きをしたりと
手間がかかります

疲れ切った体で休まないで仕事をした結果
うつ病になってしまったら
自分もそうですが

会社にも多大な迷惑になるんです

休まないことが悪いわけじゃない

体力に余裕があって
仕事が好きで休みたくないと思って
仕事をするなら話は別です

ぼくが思うのは

「休みたいと思っているのに仕事をする必要はない」

これだけです

自分の心を
勝手に追い込むだけです

法律とかでは

その会社に
人が足りていないなら
休んではいけませんなんて
決められていないです

実際に休んでも

次の日
体調どうだと聞かれるだけです

休みたいなら理由は正直に言うべき

休もうと思った時に
ウソはだめです

ばれたときが
面倒になるのは
想像できますよね?

体がどうしても
辛くて働ける状態ではないので
休みをもらえませんか

と、正直に言うことが大切です

休みたいときはちゃんと休む

ぼくが考えたのは

会社はぼくがいないと
仕事にならないのかっということです

これは大体の人に当てはまると思いますが

1日いなかっただけで
仕事にならないってことは
ないです

実際

人がいないなら
いないなりに対処します

それなら

今無理して
後々大きな病気になる前に

休んでしまったほうが
自分や会社にとって
1番ベストだということです

上司に怒られるより恐ろしいことになる

今休んで
会社の上司に怒られるのと

今休まないで
自分を追い込んで
うつ病になるの

どっちがいいですか?

うつ病を経験している
ぼくからしてら

100%上司に怒られるほうがマシです

上司なんかより
うつ病のほうが100倍怖いです

想像できますか?

毎日死にたいと思って
自殺の方法を調べたり

刃物を持った人に
襲い掛かられる
幻覚を見るんですよ

毎日
今よりももっと苦しむことになります

今思い出すだけでも

怖いですよ

ぼくの中で
うつ病よりも怖いことはないと
思っているくらいです

最後までお読みいただきありがとうございます

うつ病という恐ろしい
病気にならないためには

体を休めることが重要になります

疲れているときは
しっかりと体を休めることです

休みたいと思った時は
休むこと

 

 

-うつ病

Copyright© うつ病からの社会復帰 | 薬なしで克服した認知行動療法 , 2018 All Rights Reserved.